《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手


《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
メジャーで大活躍中の松坂投手がレーシックをしようと思ったのは、松坂投手の先輩が実際に治療したのがキッカケらしいです。
これはニュースにもなりましたし、意外と有名な話ですね。

松坂投手のレーシックの手術の感想は「全然問題無いと言われていたし、治療はアッという間に終了して痛みも無かった」と報告をしています。
さらにレーシック手術後の感想は「コンタクトをしているように全てがクリアに見えるようになり喜びを実感」と言っています。
仕方の無いことかもしれませんが、レーシックによって失敗をしてしまった例は過去にいくつかの例があります。
レーシックというのは失敗してしまうことも確かにあるので、手術前にメリットとリスクを頭に入れておくようにしましょう。 レーシックによって0.05だった視力が1.5まで回復した松坂投手はその後アメリカで大活躍をされています。
これもレーシックによって視力が回復した効果があるのかもしれませんね。





《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手ブログ:17-9-05

もともと女性は男性に比べて体の代謝量が少なく、気温の変化に敏感!
だから、「冷え」に悩む女性が多いんですよね。

「冷え」は、コリや頭痛、生理痛など困ったトラブルの原因にもなり、
肉体の色々な部分に嫌な症状としてあらわれてきます。

そして、最も厄介なのは、
減量の邪魔をするということ!

スムーズに減量するためには、
肉体を温かく保ちながら、代謝をアップさせることが大切ですが、
「冷え」があるとなかなか代謝が上がらず、
減量の成功につながりにくいのです。

「冷え」は、手足だけが冷たいと思いがちですが、
実は、内臓まで冷えきっている場合も多いのです。

胃が冷えていれば、食べ物をうまく消化できませんから、
未消化の食べ物が腸にたまり、便秘や栄養の吸収不足の原因になります。

減量に効果的な
ビタミンやミネラル、アミノ酸等が十分に吸収されなければ、
脂肪を燃やすことができず、
減量効果が出にくい肉体になってしまうんですよね。

しかも、冷えて寒いときって、肉体がギュッと縮こまりますよね。
肉体が硬くなれば、血液の流れも悪くなり、
たとえどんなにいい栄養を摂っても、
肉体の隅々までその栄養分が行き渡らないのです。

大人になっても、
あごやくちの周りに紫色のニキビができやすいという人は、
たいてい「内側の冷え」があるタイプです。
まず肉体を温めないと、減量を成功させることも
ニキビを治すこともできませんよ!

減量を成功させるために、
そして、美しさをキープするためには、
まず冷えを解消して、肉体全体の栄養状態をよくすることが重要なのです。

もし、みなさんも「冷え」が気になるようでしたら、
自分の食生活を振り返ってみてくださいね。

《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手

★メニュー

《レーシック情報》治療費用でクリニックを比較しよう
《レーシック情報》レーシックを受けたメジャーで大活躍中の松坂選手
《レーシック情報》ドライアイでもレーシックを受けられる
《レーシック情報》角膜の厚みによってはレーシックを受けられない
《レーシック情報》妊娠中や授乳時期のレーシック
《レーシック情報》クリニックの環境でレーシックの失敗例
《レーシック情報》エキシマレーザーを使用するレーシック
《レーシック情報》目の病気や疾患を持っている人
《レーシック情報》レーシックの種類によって適正が異なる
《レーシック情報》最も適した治療方法をまずは探す


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)視力をレーシック手術で回復させちゃおう